白土 松吉(読み)シラト マツキチ

20世紀日本人名事典の解説

白土 松吉
シラト マツキチ

大正・昭和期の農業技術者



生年
明治14(1881)年10月2日

没年
昭和31(1956)年12月10日

出生地
茨城県

旧姓(旧名)
打越

学歴〔年〕
水戸農学校卒

経歴
茨城県の那珂郡農会技手としてサツマイモ増収の技術を研究し、昭和初期に1反当たり1000貫が収穫できる白土式甘藷栽培法を考案した。また乾燥芋の普及にも努めた。著書に「甘藷作論及栽培法」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android