コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白拍子・素拍子 しらびょうし

大辞林 第三版の解説

しらびょうし【白拍子・素拍子】

(「素拍子」とも書く)雅楽の拍子の名。笏拍子さくほうしだけで歌うもの。
平安末期に起こった歌舞。また、それを業とする遊女。最初、直垂ひたたれ・立烏帽子たてえぼしに白鞘巻しらさやまきの刀を差した男装で今様などを歌いつつ舞ったが、のち殿上人・童児・遊僧なども舞うようになった。また、曲舞くせまいを通して能楽にも影響を与え、女舞・女猿楽・女歌舞伎に芸系を伝えた。
舞妓。芸妓。
近世、遊女のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白拍子・素拍子の関連キーワード今様女舞遊女

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android