コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白柳ネーブル

デジタル大辞泉プラスの解説

白柳ネーブル

静岡県浜松市で生産されるネーブルオレンジ。中晩生。糖度が高く酸味は少なめ。果汁が多い。静岡県の旧細江町で1930年代に発見。原木は軍により伐採されたが、残っていた穂木から同町の白柳辰夫氏が繁殖。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

白柳ネーブルの関連キーワード浜松のネーブル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android