白洲梯子(読み)シラスバシゴ

大辞林 第三版の解説

しらすばしご【白洲梯子】

能舞台正面に白洲から掛けてある三段の階段。江戸時代、当日の奉行が開演を告げたり、能楽者にかずけ物を与える際、昇り降りに用いた。楷梯きざはし。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白洲梯子の言及

【能舞台】より

…後見や地謡は切戸口から出入りし,また舞台で殺された役や仕事のすんだ役が目立たぬように退場するのにも切戸口を用いる。地謡座の奥にある貴人口(きにんぐち)と正面の白洲梯子(しらすばしご)は現在の演能では使用しない。揚幕の奥は鏡の間と呼ぶ板の間で,大きな鏡が据えてある。…

※「白洲梯子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android