白洲 次郎(読み)シラス ジロウ

20世紀日本人名事典「白洲 次郎」の解説

白洲 次郎
シラス ジロウ

昭和期の実業家 元・大沢商会会長;元・東北電力会長;元・貿易庁長官。



生年
明治35(1902)年2月17日

没年
昭和60(1985)年11月28日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
ケンブリッジ大学〔大正14年〕卒

経歴
日本水産取締役、帝国水産統制会理事を経て、昭和21年終戦連絡中央事務局次長として官界に入り、23年11月〜24年2月初代貿易庁長官を務めた。サンフランシスコ対日講和会議には全権委員顧問として出席。その後、東北電力会長、大沢商会会長などを歴任。終戦直後は、吉田茂元首相の命を受けてGHQなどとの渉外事務を一手に扱い、“吉田茂の懐刀”と言われた。象徴天皇制、戦争放棄条項など憲法秘話の生き証人として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白洲 次郎」の解説

白洲 次郎 (しらす じろう)

生年月日:1902年2月17日
昭和時代の実業家。帝国水産統制会理事;貿易庁長官
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android