白滝 幾之助(読み)シラタキ イクノスケ

20世紀日本人名事典「白滝 幾之助」の解説

白滝 幾之助
シラタキ イクノスケ

明治〜昭和期の洋画家



生年
明治6年3月17日(1873年)

没年
昭和35(1960)年11月25日

出生地
兵庫県生野町

学歴〔年〕
東京美術学校西洋画科〔明治31年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本芸術院恩賜賞〔昭和27年〕

経歴
明治23年上京、和田三造の勧めで山本芳翠の生巧館画塾に入り、のち黒田清輝に師事。28年内国勧業博覧会で「待ち遠し」が褒状を受けた。美校を終えて白馬会創立に参加、第2回白馬会展に「稽古」を出品、認められた。38年渡米、さらにフランスに渡りラファエルコランに師事、44年帰国。第5回文展に出品の「老人肖像」で受賞。以来官展に出品を続け、帝展審査員を数回務めた。大正11年再渡欧、昭和27年芸術院恩賜賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白滝 幾之助」の解説

白滝 幾之助 (しらたき いくのすけ)

生年月日:1873年3月17日
明治時代-昭和時代の洋画家
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android