コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白瀧幾之助 しらたき いくのすけ

1件 の用語解説(白瀧幾之助の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

白瀧幾之助

洋画家。兵庫県生。東美校卒。上京して山本芳翠を知り、画家を志し、芳翠の主宰する生巧館画塾に入る。のち天真道場で学び黒田清輝に師事、渡欧米ののち光風会・日本水彩画会の創立に参加する。文展・帝展・日展で活躍。日本的風俗を主なモティーフとし、外光表現をとり入れた穏健な写実的画風を展開した。文展無鑑査・帝展審査員。日本芸術院恩賜賞受賞。昭和35年(1960)歿、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白瀧幾之助の関連キーワード川崎小虎小林萬吾植松素鳳高橋蒼々子野口駿尾早崎天真村島酉一藤彦衛奥田勝塩崎逸陵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone