白珪・白圭(読み)はくけい

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐けい【白珪・白圭】

はっ‐けい ハク‥【白珪・白圭】

〘名〙 白く清らかな玉。また、論語にある孔子の弟子南宮の故事を指し、軽々しい言葉を慎み徳を修めることをいう。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・秋夜即時〈藤原通憲〉「酒斟玉盞纔羞一、詩復白珪三」 〔詩経‐大雅・抑〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android