白石 元治郎(読み)シライシ モトジロウ

20世紀日本人名事典「白石 元治郎」の解説

白石 元治郎
シライシ モトジロウ

明治〜昭和期の実業家 日本鋼管創立者。



生年
慶応3年7月21日(1867年)

没年
昭和20(1945)年12月24日

出身地
福島県

旧姓(旧名)
前山

学歴〔年〕
東京帝大法科大学法律科〔明治25年〕卒

経歴
明治15年伯父・白石家の養嗣子となる。大学卒後、浅野商店に入り、石油部支配人を経て、29年東洋汽船支配人となる。45年わが国最初の民営製鉄会社、日本鋼管創立、社長となり、翌年川崎に製造工場を建設、シームレス鋼管の生産に成功した。昭和9年国策会社・日本製鉄の成立にさいしては不参加の先頭に立つ。一時副社長に退くが、11年社長に復帰、17年以後死去するまで会長を務めた。戦時中は鶴見製鉄造船との合同を実現して今日の発展への道を開いた。京浜工業地帯形成の立役者の一人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白石 元治郎」の解説

白石 元治郎 (しらいし もとじろう)

生年月日:1867年7月21日
明治時代-昭和時代の実業家
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android