白石 勝巳(読み)シライシ カツミ

20世紀日本人名事典「白石 勝巳」の解説

白石 勝巳
シライシ カツミ

昭和期のプロ野球選手,プロ野球監督



生年
大正7(1918)年4月15日

没年
平成12(2000)年12月11日

出生地
広島県広島市

旧姓(旧名)
白石 敏男

学歴〔年〕
広陵中(現・広陵高)卒

経歴
昭和11〜18年巨人、21年パシフィックを経て、23年巨人に復帰。25年広島の創立に際し移籍し、28年から監督を兼任。30年一塁手に転向、31年の引退後も35年まで監督を務めた。43〜49年巨人ヘッド・コーチ。60年殿堂入り。18年間の選手通算成績は1651試合、1574安打、84本塁打、572打点、210盗塁、打率.256。現役時代は“逆シングルの名遊撃手”と呼ばれた。広島監督時代に巨人の主力打者だった王貞治の強打対策として“王シフト”を考案したことでも知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白石 勝巳」の解説

白石 勝巳 (しらいし かつみ)

生年月日:1918年4月15日
昭和時代のプロ野球選手;監督
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android