コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蟻擬 しろありもどき

大辞林 第三版の解説

しろありもどき【白蟻擬】

シロアリモドキ目の昆虫の総称。体は一見シロアリに似て細長く小形で、不完全変態をし、雄ははねをもつ。前肢の跗節に絹糸腺があり、この絹糸で石の下や樹皮などにトンネル状の巣を作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白蟻擬の関連キーワード不完全変態絹糸腺樹皮前肢絹糸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android