白金-白金ロジウム熱電対(読み)はっきんはっきんロジウムねつでんつい(英語表記)platinum-platinum-rhodium thermocouple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白金-白金ロジウム熱電対
はっきんはっきんロジウムねつでんつい
platinum-platinum-rhodium thermocouple

PR熱電対ともいう。熱電温度計のうち,常温以上の高温の測定によく用いられる熱電対。これらは耐火性の磁器絶縁体の管の中に入れて使用される。このうちル・シャトリエの熱電対と呼ばれるものでは 10%のロジウムを含んだ高純度の白金線が一方に用いられており,安定で内部変化がない点ですぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android