コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白隠慧鶴禅師

1件 の用語解説(白隠慧鶴禅師の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

白隠慧鶴禅師

1685(貞享2)年、駿河国・浮島原(現・沼津市原)に生まれ、幼名は岩次郎。15歳で得度し、全国を修行して回った。33歳で松蔭寺に戻り、修行法を整備するとともに後進の指導にあたった。寺には教えを請おうと全国から修行僧が集まったという。臨済宗は現在、妙心寺派建仁寺派大徳寺派など14の宗派があるが、法系をさかのぼると白隠につながらないものはないという。松蔭寺は現在、妙心寺派を離れ、単立となっている。

(2010-04-21 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白隠慧鶴禅師の関連キーワード狩野元仙浮島浮島ヶ原島原城打ち寄する貞享南島原浮島人形内藤義概林門入(2世)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone