コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白頭山(長白山)

1件 の用語解説(白頭山(長白山)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

白頭山(長白山)

中国と北朝鮮の国境にある。白色の軽石が多いことから、ともに「白」の字が入っており、山頂付近には「天池」と呼ばれるカルデラ湖がある。国境河川の鴨緑江、図們江(朝鮮名・豆満江)の源流がある。韓国、北朝鮮双方の国歌などにも歌われており、かつての抗日パルチザン闘争の根拠地でもある。

(2006-11-14 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白頭山(長白山)の関連キーワード衛氏朝鮮鴨緑江軽石流白頭山前方後円墳型積石塚(つみいしづか)(北朝鮮の)甲武信岳ノモンハン長白山(白頭山)北朝鮮の過去の開放政策北朝鮮の残留邦人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone