コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白馬鑓[温泉] はくばやり

1件 の用語解説(白馬鑓[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白馬鑓[温泉]【はくばやり】

長野県北安曇(きたあずみ)郡白馬(はくば)村,白馬三山の一つ鑓ヶ岳中腹にある温泉。標高約2100mの地で,日本一高い温泉。硫黄泉。39〜44℃。中部山岳国立公園に属し,白馬三山の縦走登山者に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

白馬鑓[温泉]の関連キーワード安曇野雨飾山上高地大正池白馬会堅石白馬白馬白馬寺小蓮華山田井安曇