白鳥 由栄(読み)シラトリ ヨシエ

20世紀日本人名事典「白鳥 由栄」の解説

白鳥 由栄
シラトリ ヨシエ

昭和期の犯罪者 脱獄王。



生年
明治40(1907)年7月31日

没年
昭和54(1979)年2月24日

出生地
青森県

学歴〔年〕
小学校卒

経歴
幼時に父親と死別し、豆腐屋の養家に育つ。昭和11年、21年に、青森と北海道砂川で2つの殺人事件を犯し、無期懲役と懲役20年のに処せられた。しかし、看守の過酷な取り扱いに抗議し、報復するため、難攻不落と言われた網走刑務所をはじめ、4つの刑務所を次々に脱獄し、世間を驚かせた。府中刑務所に服役後は模範囚となり、36年12月仮出所した。吉村昭破獄」のモデルといわれ、他に斎藤充功「脱獄王―白鳥由栄証言」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白鳥 由栄」の解説

白鳥 由栄 (しらとり よしえ)

生年月日:1907年7月31日
昭和時代の脱獄囚
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android