白鳥 鴻彰(読み)シラトリ コウショウ

20世紀日本人名事典「白鳥 鴻彰」の解説

白鳥 鴻彰
シラトリ コウショウ

明治・大正期の政治家 青森県議。



生年
元治1年3月25日(1864年)

没年
大正4(1915)年4月11日

出生地
陸奥国津軽郡(青森県青森市)

学歴〔年〕
東京専門学校政治科卒

経歴
父・慶一は青森県議・衆院議員を務めた政治家。明治27年父の衆議院選挙出馬の際、巧みな演説で父を応援し、その当選に貢献した。のち郷里青森県荒川村の村長を経て36年青森県会議員に選ばれ、連続して2期を務めた。この間、明治維新によって国有林に編入された荒川・高田両村の民有林返還を求めて訴訟を起こし、弁護士も付けずに自ら法廷で弁論するなどの努力のすえ41年に勝訴。これによって払い戻された民有林を共同経営するために、山林組合を設立した。絵画や文筆にもすぐれ、その著書「日本国字論」では漢字による煩雑な表記を避けた新しい日本語を考案・提唱している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android