コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鴎・白鷗 しろかもめ

大辞林 第三版の解説

しろかもめ【白鴎・白鷗】

チドリ目カモメ科の鳥。大形で、翼を開くと1.5メートルほどになる。全身白色。北極圏で繁殖し、日本には冬鳥として本州以北の海岸に少数が渡来。

はくおう【白鴎・白鷗】

白いかもめ。かもめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白鴎・白鷗の関連キーワード北極圏海岸少数渡来冬鳥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android