百武 三郎(読み)ヒャクタケ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

百武 三郎
ヒャクタケ サブロウ

明治〜昭和期の海軍大将 侍従長;枢密顧問官。



生年
明治5年4月28日(1872年)

没年
昭和38(1963)年10月30日

出生地
佐賀県

学歴〔年〕
海兵〔明治25年〕,海大〔明治33年〕卒

経歴
佐賀藩士の家に生まれる。ドイツで3年間軍政を学んだあと、第3艦隊参謀長、佐世保鎮守府司令長官を歴任。大正15年軍事参議官、昭和3年海軍大将となってまもなく予備役に編入され、その後11年2.26事件で襲撃された鈴木貫太郎の後をうけ侍従長に就任。19年8月まで昭和天皇側近として在職した。同年9月枢密顧問官。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

百武 三郎
ヒャクタケ サブロウ


肩書
侍従長,枢密顧問官

生年月日
明治5年4月28日

出生地
佐賀県

学歴
海兵〔明治25年〕卒 海大〔明治33年〕卒

経歴
佐賀藩士の家に生まれる。ドイツで3年間軍政を学んだあと、第3艦隊参謀長、佐世保鎮守府司令長官を歴任。大正15年軍事参議官、昭和3年海軍大将となってまもなく予備役に編入され、その後11年2.26事件で襲撃された鈴木貫太郎の後をうけ侍従長に就任。19年8月まで昭和天皇側近として在職した。同年9月枢密顧問官。

没年月日
昭和38年10月30日

家族
弟=百武 源吾(海軍大将) 百武 晴吉(陸軍中将)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

百武 三郎 (ひゃくたけ さぶろう)

生年月日:1872年4月28日
明治時代-昭和時代の海軍軍人。大将
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android