コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百羽掻き・百羽搔き ももはがき

大辞林 第三版の解説

ももはがき【百羽掻き・百羽搔き】

しぎが、くちばしで何度も羽をしごくこと。転じて、回数の多い事柄のたとえ。 「暁の鴫のはねがき-君が来ぬ夜はわれぞかずかく/古今 恋五

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報