コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆瀬[村] みなせ

1件 の用語解説(皆瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みなせ【皆瀬[村]】

秋田県南東端,雄勝郡の村。人口3183(1995)。雄物川水系の皆瀬川の最上流部を占め,南は宮城県に接する。村域はほとんど山林で,耕地は皆瀬川沿いの河岸段丘などにわずかにあるにすぎない。近世以降,畑作と山林業を中心とした自給自足的な生活が営まれていた。現在も農業を主とし,米作,タバコ栽培,畜産などが行われるが,出稼ぎが多く過疎化も深刻である。湯沢市との境の木地山では近世以来の伝統をもつこけしの生産が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皆瀬[村]の関連キーワード院内銀山雄物川秋田羽後湯沢雄勝の柵小野こまち大日向作太郎藤原利三郎茂木亀六

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone