コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆瀬[村] みなせ

世界大百科事典 第2版の解説

みなせ【皆瀬[村]】

秋田県南東端,雄勝郡の村。人口3183(1995)。雄物川水系の皆瀬川の最上流部を占め,南は宮城県に接する。村域はほとんど山林で,耕地は皆瀬川沿いの河岸段丘などにわずかにあるにすぎない。近世以降,畑作と山林業を中心とした自給自足的な生活が営まれていた。現在も農業を主とし,米作,タバコ栽培,畜産などが行われるが,出稼ぎが多く過疎化も深刻である。湯沢市との境の木地山では近世以来の伝統をもつこけしの生産が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皆瀬[村]の関連キーワードウイン・パートナーズ白鳥[町]迫[町]ケララ播磨(町)播磨町の要覧東広島市の要覧