皇大神宮儀式帳(読み)こうたいじんぐうぎしきちょう

大辞林 第三版の解説

こうたいじんぐうぎしきちょう【皇大神宮儀式帳】

皇大神宮に関する儀式・行事を撰録した書。804年(延暦23)、宮司大中臣真継・禰宜荒木田公成らが神祇官に提出した解文げぶみで、年中行事を初めとする諸事項を詳述。「止由気宮とゆけぐう儀式帳」と合わせて「伊勢大神宮儀式帳」「延暦儀式帳」といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報