皇大神宮儀式帳(読み)こうたいじんぐうぎしきちょう

大辞林 第三版の解説

こうたいじんぐうぎしきちょう【皇大神宮儀式帳】

皇大神宮に関する儀式・行事を撰録した書。804年(延暦23)、宮司大中臣真継・禰宜荒木田公成らが神祇官に提出した解文げぶみで、年中行事を初めとする諸事項を詳述。「止由気宮とゆけぐう儀式帳」と合わせて「伊勢大神宮儀式帳」「延暦儀式帳」といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android