コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮下気腫/縦隔気腫 ひかきしゅじゅうかくきしゅ Aerodermectasia / Mediastinal Emphysema

1件 の用語解説(皮下気腫/縦隔気腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひかきしゅじゅうかくきしゅ【皮下気腫/縦隔気腫 Aerodermectasia / Mediastinal Emphysema】

[どんな病気か]
 胸にけがをし、破損した肺や気管からもれた空気が皮下組織にたまるのが皮下気腫(ひかきしゅ)です。気管や気管支が断裂した場合は、左右の肺にはさまれた部位(縦隔)にもれた空気がたまります。これを縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)といいます。
[症状]
 皮下気腫の場合は、胸やくびに空気がたまり、そこがふくらんで強く痛みます。触ってみると、雪をにぎったようなサクサクとした感じがします。ときには、この症状が、顔から下肢(かし)(脚(あし))にいたるまでの全身におこることもあります。そのほか、胸痛や呼吸困難もおこります。
 縦隔気腫は、胸痛、呼吸困難のほかに、さまざまな症状が現われます。
 どちらにしても、生命にかかわります。一刻も早く救急病院へ運ぶことが必要です。
[治療]
 程度が軽ければ、胸腔(きょうくう)ドレナージ(胸腔内にチェストチューブを挿入し、たまっている空気を抜く)を行ない、安静にしていれば2~3週間で治ります。胸腔ドレナージで効果がなければ、開胸して、破損部位を縫合(ほうごう)する手術が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮下気腫/縦隔気腫の関連キーワード有病率治療医療怪我人何心地不死身プリマドンナ病は気から療治マイナーインジャリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone