コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚小稜・小溝 ひふしょうりょう・しょうこうcristae cutis and sulci cutis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚小稜・小溝
ひふしょうりょう・しょうこう
cristae cutis and sulci cutis

皮膚の表面には細かい起伏があって,その高まりのところでは真皮の表面から表皮の中に突出する乳頭がある。この皮膚の表面の高まりを皮膚小稜といい,幅は約 0.2mm。その間の溝を皮膚小溝という。皮膚小稜の高いところに汗腺が開口している (汗口) 。触覚小球の上にある小稜および小溝は特異な紋を形成していて,特に指には個人差があり,これを指紋という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android