コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚描画症 ひふびょうがしょう

大辞林 第三版の解説

ひふびょうがしょう【皮膚描画症】

皮膚を爪や鉛筆の先などでこすると、刺激の加わった部分が赤または白のみみずばれとなるもの。皮膚の異常な感受性を示す。皮膚紋画症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

皮膚描画症の関連キーワードみみずばれ皮膚紋画症感受性