皿・盤(読み)さら

大辞林 第三版の解説

さら【皿・盤】

[0] ( 名 )
浅くて平たい器。食物などを盛るのに用いる。陶器・ガラス・金属製などがある。
の形をしたもの。 「ひざの-」 「ペン-」
日本料理で、に盛った料理。
仏具の一。金属製で、読経のときに打ち鳴らす。
漢字の脚の一。「盆」「盛」などの「皿」の部分。
( 接尾 )
助数詞。皿に盛った食べ物・料理などを数えるのに用いる。 「団子二-をたいらげる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さら【皿・盤】

〘名〙
① 平たく浅い器。食物を盛るのに用い、陶器、漆器、金属およびガラス製などがある。
※令義解(718)職員「掌筥陶器皿〈謂。器惣名為皿。其木土器亦皆掌〉事
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一三日「沈の懸盤、白銀の御さらなど」
② ①に盛って、饗膳(きょうぜん)などに出す肴(さかな)
※随筆・槐記‐享保一二年(1727)極月九日「 一塩の鯛、玉子付むしぬき」
③ 仏具の一つ。銅に錫(すず)・鉛を加えた合金で作る。盆のような形で、読経の時に打ち鳴らす。
※書紀(720)持統三年七月「鍾、娑羅(サラ)、宝帳、香炉、幡の等き物を付け賜ふ」
④ 秤皿(はかりざら)
⑤ 物を盛るもの。
※浮世草子・人倫糸屑(1688)佞人「でるがさいご、幾世留の皿(サラ)にてひっしゃりとせらるるは、ふくまぬ人なし」
⑥ 人間の骨で、平たくて①に似た形のものを俗にいう。
(イ) 膝蓋骨(しつがいこつ)
※日葡辞書(1603‐04)「ヒザノ sara(サラ)
(ロ) 頭蓋骨(ずがいこつ)の頂上の部分。
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉二九「頭の顱骨(サラ)を打破った訳でもなければ」
⑦ 処女の女陰。
※懺悔録(1632)「sara(サラ) モ ウチ ワラズ タダ イン ワ ホカ ニ モラシ マラシタ」
⑧ 漢字の脚(あし)の一つ。「盃」「盆」「盛」などの「皿」の部分をいう。この脚をもつ字の大部分は、字典で皿部に属する。〔落葉集(1598)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android