コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益荒男・丈夫 ますらお

大辞林 第三版の解説

ますらお【益荒男・丈夫】

雄々しく強い男。立派な男。ますらおのこ。 ⇔ たおやめ 「 -の進み先立ち踏める足跡あとを/仏足石歌」
武人。もののふ。 「大伴の氏と名に負へる-の伴/万葉集 4465
朝廷に仕える官僚。 「 -と思へる我も草枕旅にしあれば思ひ遣るたづきを知らに/万葉集 5
狩人。猟師。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

益荒男・丈夫の関連キーワード万葉集

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android