コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗賊鴎・盗賊鷗 とうぞくかもめ

大辞林 第三版の解説

とうぞくかもめ【盗賊鴎・盗賊鷗】

チドリ目トウゾクカモメ科の海鳥。全長50センチメートルほど。カモメ類に似るが、中央の尾が突出し、先端が丸みを帯びる。頭・背・胸は黒褐色、首は黄白色、体の下側は白色。ほかの海鳥を襲い、餌えさを横取りする習性がある。北極近くで繁殖し、冬は南方に渡る。日本には冬鳥あるいは旅鳥として渡来する。
トウゾクカモメ科の鳥の総称。トウゾクカモメ・オオトウゾクカモメなど五種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

盗賊鴎・盗賊鷗の関連キーワードトウゾクカモメ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android