コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛岡市の中核市への移行

1件 の用語解説(盛岡市の中核市への移行の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

盛岡市の中核市への移行

中核市は95年の地方自治法改正で制度化され、都道府県議会市議会の議決を経て、国の指定を受けて移行できる。市単独の保健所設置など保健行政に関する事務や、廃棄物処理施設の許可、文化財の管理など五つの分野で、1600以上の事務が都道府県から移譲される。盛岡市は玉山村との合併で、移行への要件の人口30万人を満たしたとして、今年1月に中核市推進事務局を設置し、準備を進めている。

(2006-04-03 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盛岡市の中核市への移行の関連キーワード助役地方公務員法地方自治法地方自治体包括外部監査制度府会地域自治区道州制と都道府県合併包括外部監査総合計画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone