コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛阿弥(初代) せいあみ

朝日日本歴史人物事典の解説

盛阿弥(初代)

生年:生没年不詳
桃山・江戸初期の京都の塗師。3代続いて盛阿弥を称した。初代は千利休の塗師で,名を紹甫といい豊臣秀吉から天下一の号を許された。『梵舜日記』慶長11(1606)年1月27日には盛阿弥は塗師と明記され,棗や茶筅を筆者の豊国神社社僧梵舜に献じており,すでに茶道具の専門的塗師として上方で活動していたことが窺える。その作の在銘品としては器底に「盛」「盛(花押)」の針彫りがあるが後世の後彫りが多いとみられ,確証のある作には乏しい。<参考文献>藤村庸軒『茶話指月集』

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

盛阿弥(初代)の関連キーワード戯言養気集野路善鏡藤村庸軒薄茶器

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android