コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監的壕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

監的壕

射撃や砲撃の着弾点や命中率を確認するため造られた施設で、一般的には「かんてきごう」と言われる。近代戦争にかかわった遺跡保存に取り組む「戦争遺跡保存全国ネットワーク」事務局(長野県)によると、全国に少なくとも100基残っているが北陸はごく少数。南砺市内のものは、日清戦争後に旧陸軍が、旧東太美村を含めた城端福光にまたがる丘陵地帯に作った「立野ケ原陸軍演習場」にある。昭和初期までに数基建設され、実弾訓練にも利用されたとされる。直径数メートルに及び、着弾地点を見るため水平方向に窓がある。

(2008-08-15 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

監的壕の関連キーワード射撃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android