コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監視試験片

1件 の用語解説(監視試験片の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

監視試験片

原子炉圧力容器と同じ材質の合金でできた板。核分裂反応で発生する中性子線による圧力容器の劣化状況を調べるため、各電力会社が運転開始時に圧力容器の中に置き、一定周期で取り出して試験を行う。数十枚を1組にし、ステンレス製のカプセルに収納。圧力容器内にはカプセル3〜5個が置かれ、1回の試験につき1個ずつ取り出して使う。ハンマーで割る「衝撃試験」や「引っ張り試験」があり、衝撃試験用の試験片は長さ5・5センチ、幅、厚さとも1センチ。

(2008-01-10 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監視試験片の関連キーワード圧力容器多重防護格納容器かしめクロムモリブデン鋼共蓋原子炉衛星原子炉格納容器金属容器福島第二原発3号機

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone