盧文弨(読み)ろぶんしょう(英語表記)Lú Wén chāo

世界大百科事典 第2版の解説

ろぶんしょう【盧文弨 Lú Wén chāo】

1717‐95
中国,清中期の学者。字は紹弓,号は磯漁(きぎよ),檠斎(けいさい),弓父。蔵書室を抱経堂という。清朝校勘学の名家。乾隆17年(1752)の進士。翰林院侍読学士となり,湖南学政で致仕常州の竜城書院で没した。都で戴震と交わり,帰郷後20年,校勘した書物は《大戴礼(だたいれい)》《経典釈文》以下おびただしく,また〈五経正義表〉以下諸本の脱漏を集めて《羣書(ぐんしよ)拾補》を作る。《抱経堂文集》《鍾山札記》《竜城札記》がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android