コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盧文弨 ろぶんしょうLú Wén chāo

世界大百科事典 第2版の解説

ろぶんしょう【盧文弨 Lú Wén chāo】

1717‐95
中国,清中期の学者。字は紹弓,号は磯漁(きぎよ),檠斎(けいさい),弓父。蔵書室を抱経堂という。清朝校勘学の名家。乾隆17年(1752)の進士。翰林院侍読学士となり,湖南学政で致仕常州の竜城書院で没した。都で戴震と交わり,帰郷後20年,校勘した書物は《大戴礼(だたいれい)》《経典釈文》以下おびただしく,また〈五経正義表〉以下諸本の脱漏を集めて《羣書(ぐんしよ)拾補》を作る。《抱経堂文集》《鍾山札記》《竜城札記》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盧文弨の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業灘の清酒メーカー岩田涼菟ウィンケルマン王翬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盧文弨の関連情報