コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目交ぜ・瞬 めまぜ

大辞林 第三版の解説

めまぜ【目交ぜ・瞬】

( 名 ) スル
目で合図すること。めくばせ。 「意味ありげな-をして/社会百面相 魯庵
まばたき。 「 -せはしくたちずくみ/浮世草子・男色大鑑 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目交ぜ・瞬の関連キーワード浮世草子魯庵

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android