目標管理制度 / MBO

人材マネジメント用語集の解説

目標管理制度 / MBO

・management by objective:MBO
・P.F.ドラッカーが「現代の経営」(“The Practice of Management” 1954)の中で提唱したことが始まりとされている。
・従業員が具体的な自己目標を設定し、その目標達成に取り組ませ、その達成度を評価する仕組み。
・個人の目標設定により、その実現への動機付けを図ると共に、目標設定において上位レベルの目標を満たすものとすることで、組織としての目標の連鎖を実現する。
・現在のにほんにおいては、成果主義=目標管理制度の導入と考えられているような面もあり、成果主義の高まりの中で、この仕組みを評価制度として取り入れる企業が増加している。
・しかしながら制度運用におけるマネジメント力を必要とする、特にミドルマネジメントのマネジメント力が必要になるため、同時に適切に運用するためのミドルマネジメント育成を実現する等課題もある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android