コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目的・手段体系 もくてき/しゅだんたいけい

1件 の用語解説(目的・手段体系の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

目的・手段体系

ある目的を達成するための手段は、その手段の範囲だけを担当する人にとっては目的となっていて、さらにその目的は複数の手段に展開される。こうして目的と手段はツリー状の体系をなすというもの。目標管理において大きな目標に取り組むときには、その期間中の目標として、この大きな目的手段体系の中のどこに焦点を当てて目標とするかが大切とされている。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone