目突き柴(読み)めつきしば

大辞林 第三版の解説

めつきしば【目突き柴】

節分に、イワシの頭を刺して家の戸口や窓にさす木の枝。鬼が魚を取ろうとして目を突くという。鬼の目刺し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android