目覚ましい・目覚しい(読み)めざましい

大辞林 第三版の解説

めざましい【目覚ましい・目覚しい】

( 形 ) [文] シク めざま・し
目が覚めるほどすばらしい。目を見張るほど立派だ。 「 - ・い活躍」
目が覚めるほど意外である。あきれたことだと不快に思う。目にあまる。 「はじめより、われはと思あがり給へる御かたがた、-・しき者におとしめそねみたまふ/源氏 桐壺」 〔動詞「めざむ」の形容詞形。古くは「めさまし」とも。平安時代には上位の者からみて下位の者の言動をけなす場合には、ほめる場合にはというように、善悪いずれにも用いられたが、の用法は中世以降次第に衰退した〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android