コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目覚ましい・目覚しい めざましい

大辞林 第三版の解説

めざましい【目覚ましい・目覚しい】

( 形 ) [文] シク めざま・し
目が覚めるほどすばらしい。目を見張るほど立派だ。 「 - ・い活躍」
目が覚めるほど意外である。あきれたことだと不快に思う。目にあまる。 「はじめより、われはと思あがり給へる御かたがた、-・しき者におとしめそねみたまふ/源氏 桐壺」 〔動詞「めざむ」の形容詞形。古くは「めさまし」とも。平安時代には上位の者からみて下位の者の言動をけなす場合には、ほめる場合にはというように、善悪いずれにも用いられたが、の用法は中世以降次第に衰退した〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目覚ましい・目覚しいの関連キーワード平安時代桐壺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android