盲・瞽(読み)めくら

精選版 日本国語大辞典「盲・瞽」の解説

め‐くら【盲・瞽】

〘名〙 (「目暗」の)
明暗が識別できなかったり、形が判別できなかったりする、目の不自由な状態。また、その人。盲目
江談抄(1111頃)三「目暗独遣心て、人もなきに詠哥」
② 文字の読めないこと。また、その人。
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「文盲(メクラ)助力る大福長者が、翻訳書(ほんやくもの)を路用として」
物事の弁別のつかないこと。物事の価値・本質などを見ぬく力のないこと。また、眼識のないこと。また、その人。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「むかしと替りも悪女年寄はつかまず、目明千人めくらはなかりき」
④ (接頭語的に用いて) はっきりした目当てもなくむやみに動作することを表わす。「盲打ち」「捜し」など。
[補注]「めくら」という語、および「めくら」に関する語は、目の不自由な人への蔑視観が強く、現代では障害者差別の語とされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android