コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相反法則(整数論) law of reciprocity

法則の辞典の解説

相反法則【law of reciprocity】

整数論の基本則の一つ.最初オイラーによって帰納的に発見され,後ルジャンドルガウスによって証明された.「奇数の素数 pq のうち,少なくとも一つが4n+1の形を有すれば,pq の二次剰余であり,かつ qp の二次剰余であるか,あるいは pq の二次非剰余でかつ qp の二次非剰余である.pq がともに4n+3の形ならば,pq の二次剰余であり,かつ qp の二次非剰余であるか,あるいは pq の二次非剰余でかつ qp の二次剰余である」という定理.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

相反法則(整数論)の関連キーワードブンゼン‐ロスコーの光化学の法則シュヴァルツシルトの法則ロスコー‐ブンゼンの法則ブンゼン=ロスコーの法則黒化の法則アルティン相反則

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android