相寄(読み)あいよる

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐よ・る あひ‥【相寄】

〘自ラ五(四)〙 (「あい」は接頭語)
① 添う。従う。心を寄せる。
※万葉(8C後)三四八三「昼けば解けなへ紐のわが背なに阿比与流(アヒヨル)とかも夜解けやすけ」
② 互いに近寄る。近づき合う。あつまる。
※落語・鉄拐(1890)〈禽語楼小さん〉「知己親類朋友に至るまで〈略〉残らず上海屋の新年宴会には相集(アヒヨッ)て各々顔を合せる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android