相引・合引(読み)あいびき

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐びき あひ‥【相引・合引】

〘名〙
① (━する) 戦っている双方が互いにその場から退くこと。
(イ) 戦場で敵味方ともに軍をひくこと。
※太平記(14C後)三一「信濃勢二百余騎討れければ、寄手も三百余騎討れて、相引きに左右へ颯(さっ)と引く」
(ロ) 勝負の決着がつかないときに、それぞれ自分側から引き下がること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (━する) 互いに弓を引き合うこと。敵が矢を射かけてくるのに応戦して弓を引くこと。
※平家(13C前)四「馬には弱う、水には強うあたるべし。河なかで弓ひくな。かたきゐるともあひびきすな」
③ (━する) 干潮満潮時以外に、短い間、潮の満ちひきがあること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ (━する) 互いに引き合うこと。同時に引っ張ること。
※浄瑠璃・唐船噺今国性爺(1722)中「足首つかんで兄弟が、大の男を相引に」
⑤ (━する) 互いに語り合って事をたくらむこと。なれあい。
※幸若・高たち(室町末‐近世初)「きものたはねするりととをし、あひひきかけて、うらをかけ」
⑦ 袴(はかま)の両脇の下部の前後を縫い合わせた部分。ここをつまみ上げて、ももだちをとる。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)もんさく系図「袴(はかま)の相引(アヒビキ)しっかと取」
⑧ 四幅袴(よのばかま)という名の、下の方があいている袴の紐(日葡辞書(1603‐04))。
⑨ 歌舞伎小道具の一つ。俳優が演技中用いる方形の腰掛け。桐製方形の小箱のような合引と踏み台のような中合引、高合引の三種がある。
※戯場楽屋図会(1800)下「早替り、〈略〉化粧道具は相引(アヒビキ)を鏡台として下に棚をこしらへ」
⑩ 歌舞伎俳優の鬘(かつら)が抜けたり、はえぎわにしわがよったりしないように台金の左右につける紐。後頭部で結ぶ。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)三「これでも合引(アヒビキ)で、ぐっと目をつりあげて、かづらをかけて見せたら、びっくりするだらう」
⑪ 歌舞伎の仕掛け物に用いる糸。
(イ) 小道具の仕掛け物を動かす時に用いる糸。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕「双方一時(とき)に木のかしら、此時水鳥を大分あひ引(ビキ)にて日覆へ引上げる」
(ロ) 襦袢(じゅばん)の襟や、引き抜きなど、仕掛け物に用いる細い紐。
⑫ 茶道で、左右の手が茶器から離れる時の呼吸、または様子。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android