相懸かり・相懸り(読み)あいがかり

大辞林 第三版の解説

あいがかり【相懸かり・相懸り】

将棋の序盤の一陣形。双方とも居飛車で、同じ駒こま組みにして攻め合うこと。
敵味方双方が同時に攻め合うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android