コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相撲協会の罰則

1件 の用語解説(相撲協会の罰則の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

相撲協会の罰則

重い順に除名、解雇、番付降下、出場停止、減給、譴責(けんせき)がある。解雇以下の処分は理事10人で構成される理事会の多数決で決まる。除名は役員、評議員(親方ら)、横綱、大関の4分の3以上による特別決議が必要。除名だと退職金は出ないが、解雇の場合は特に規定がないという。ともに処分を受けた者は二度と協会に戻ることができない。除名は過去に例がないが、解雇は97年1月、初場所の仕事を無断欠勤した高田川部屋付きの山響親方(元小結前乃森)が受けた例がある。

(2007-10-06 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相撲協会の罰則の関連キーワード罰則番付顔見世番付急降下芝居番付懲戒解雇辻番付マッチペナルティー日本相撲協会の懲戒処分弁護士の懲戒処分

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone