コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相撲協会の解雇

1件 の用語解説(相撲協会の解雇の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

相撲協会の解雇

日本相撲協会は大相撲の力士、親方、行司、若者頭、世話人、呼び出し、床山らの協会員と、その他の職員で構成される。年6回の本場所の運営などに当たる親方には理事、監事、委員、参与、主任、年寄の待遇があり、委員の時津風親方の場合、月々103万円余りの給与をもらっている。解雇は協会員の身分を失うことであり、角界からの追放も意味する。もし解雇されれば「時津風」の年寄名跡が空く。時津風部屋付きの親方などが継承すれば、時津風部屋は存続する。継承者がいない場合、力士らは他の部屋に「吸収合併」される。ただし、力士を受け入れた部屋の師匠が「時津風」を取得した場合は、その師匠が新しく時津風部屋を継ぐ形になる。

(2007-10-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相撲協会の解雇の関連キーワード勧進元角界世話人加藤隆世相撲規則相撲教習所力士会星取表番付番附相撲協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone