コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相補分布 そうほぶんぷ

大辞林 第三版の解説

そうほぶんぷ【相補分布】

特定言語内で、複数の音が互いに生じる環境を異にして重複することがない場合、これらすべての音を同一の音素に属すものとみなす音素論上の作業仮説の一つ。例えば日本語では「ン」に該当する [m, n, ŋ, ɴ] などが、それぞれ両唇音の前のみ([m])、歯音および歯茎音の前のみ([n])、軟口蓋音の前のみ([ŋ])、語末のみ([ɴ])というように互いに生じる環境を異にするところから、これらを同一の音素 /N/ に属する異音とみなす。相補的分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

相補分布の関連キーワード歯音音素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android