相論/争論(読み)そうろん

百科事典マイペディアの解説

相論/争論【そうろん】

紛争すること。特に土地の領有権・利用権・山野河海の入会権・水利権漁業権などをめぐり当事者が各々の権利を主張し,上級権門(朝廷・本所・幕府・藩など)に訴訟して争うことをいう。古代〜近世を通じ混用されるが,中世には相論の用例が多い。裁決が下るまでその土地・場所は論所と呼ばれた。
→関連項目茜部荘安食荘網曳御厨荒川荘相賀荘【かせ】田荘久世荘久多荘神野真国荘雀部荘多烏浦薪荘田仲荘出作・入作名手荘拝師荘(拝志荘)三村荘村切横関和佐荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android