相論/争論(読み)そうろん

百科事典マイペディア「相論/争論」の解説

相論/争論【そうろん】

紛争すること。特に土地の領有権・利用権・山野河海の入会権・水利権漁業権などをめぐり当事者が各々の権利を主張し,上級権門(朝廷本所幕府など)に訴訟して争うことをいう。古代〜近世を通じ混用されるが,中世には相論の用例が多い。裁決が下るまでその土地・場所は論所と呼ばれた。
→関連項目茜部荘安食荘網曳御厨荒川荘相賀荘【かせ】田荘久世荘久多荘神野真国荘雀部荘多烏浦薪荘田仲荘出作・入作名手荘拝師荘(拝志荘)三村荘村切横関和佐荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android