相間・合間(読み)あいのま

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐の‐ま あひ‥【相間・合間】

〘名〙
① 主要な部屋の間にあってつなぎの役目などをする部屋。
② 社寺建築で拝殿と本殿、礼堂と祠堂(しどう)との間の部屋。権現造りなどに見られる。
③ 柱間寸法が京間(きょうま)と田舎間(いなかま)との中間の広さの間。中京間。
④ 物事と物事との間。また、仕事がなく暇な時。間(あい)
※ブルジョア(1930)〈芹沢光治良〉三「ブーブー風琴をやり出し、其の合の間には、此処から飛んだら愛して呉れるかと繰り返すもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android