相馬 永胤(読み)ソウマ ナガタネ

20世紀日本人名事典の解説

相馬 永胤
ソウマ ナガタネ

明治期の実業家 横浜正金銀行頭取;専修大学学長。



生年
嘉永3年11月20日(1850年)

没年
大正13(1924)年1月25日

出生地
近江国(滋賀県)

経歴
彦根藩士の家に生れ、儒者安井息軒に学ぶ。戊辰戦争では藩の東征軍に従い各地を転戦。藩命により鹿児島に留学したのち、米国に留学しコロンビア大学、エール大学に学ぶ。明治12年帰国、司法省に入り代言人、ついで14年判事に任ずるが、辞して目賀田種太郎、田尻稲次郎らと東京専修学校(現・専修大学)の創立に参与。18年横浜正金銀行に入り、30年頭取に就任。興銀監査役も兼任。39年退職して専修大学学長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

相馬 永胤 (そうま ながたね)

生年月日:1850年11月20日
明治時代の実業家;銀行家。横浜正金銀行重役
1924年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android