相馬盛胤(1)(読み)そうま もりたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬盛胤(1) そうま-もりたね

1470/76-1521 室町-戦国時代の武将。
文明2/8年生まれ。相馬高胤(たかたね)の子。相馬氏13代。明応元年標葉(しねは)清隆・隆成父子をほろぼし,陸奥(むつ)標葉郡をあわせ所領宇多,行方(なめかた),標葉の3郡となった。永正(えいしょう)18年7月7日死去。46/52歳。通称は孫次郎初名は定胤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android